結婚:親との同居


カテゴリ


[PR]



2006年05月05日(Fri)
結婚:親との同居

結婚してから親と同居するのが本当に良いのかどうかについて考えて見ましょう。


相手が長男だから、または親と一緒に住めばアパート代が浮く
という理由で親と同居するケースが珍しくありません。


サラリーマンの給料はそれほど多くないので、
新婚カップルにとっては、親と同居すれば住居費が浮くので、
経済的には楽になります。


いずれは親と同居するにしても、
少なくとも2年間は親とは別々に住んだ方が無難です。


結婚とは親元を離れ、新しい家庭を築くという意味があります。


まず二人っきりになって自分達の家庭のスタイルを確立する。
これがとても大事です。


これが出来てから、親と同居すると良いでしょう。


もし結婚当初から親と同居することになるとしたら、
親と子の食べ物の嗜好も違うし、
ライフスタイルも異なるので、様々な摩擦が出てきます。


同居すると妻は夫の親に対して気を使うあまり、
神経をすり減らしてしまいます。


これでは何のために結婚したのか、
幸せを味わうことが出来なくなってしまいます。


妻は夫の親の奴隷ではありません。



   参考図書

    ↓↓↓

「どうする、親の面倒」