結婚


カテゴリ


[PR]



2007年03月07日(Wed)
結婚

1.神とは天地を創造した方

  聖書の初めにこのように書かれています。

 「神は天と地を造られた。」

  天と地とは、全宇宙と地球を意味しています。

  ご覧ください。
  目の前に広がる大海原、
  そして夜空に輝くたくさんの星、
  これら全てのものを造られた方が神です。

2.アダムとイブ

  現在、地球上に65億の人間が住んでいますが、
  神様はまず最初に、一人の人間を造られました。

  神様は土を手にとって人の形に造り、
  それに息を吹き入れました。

  するとそれが生きた人間となりました。

  人類史上最初の人間、アダムの誕生です。

  なぜアダムという名前がつけられたかというと、
  聖書はもともとヘブライ語で書かれていますが、
  ヘブライ語で、土のことをアダマーと言います。

  土から造られたので、
  その派生語として「アダム」という名前が
  つけられたのです。

  アダムはたった一人ぽっちでした。
  孤独でした。

  神様は「アダム」をご覧になって、
  人生を共に歩むパートナーが必要だと考えられました。

  それで、アダムを深い眠りの中に入れられ、
  眠っている間に、一本のあばら骨を取り、
  それを一人の女姓に造られました。

  これが「イブ」です。

 「アダムとイブ」、人類史上最初の夫婦の誕生です。


3.結婚とは

  アダムとイブから、結婚とは
  別々に存在していた男性と女性との出会いではなく、
  元々体の一部であったものが、
  神様の働きによって、
  再びひとつにあわせられたということがわかります。

  元の鞘に戻ったということになります。


4.ごめんなさい、ありがとう

  これからの結婚生活を、
  幸せに築きあげてゆくための
  秘訣があります。

  それは、二つの言葉です。

 「ごめんなさい」と「ありがとう」です。

  朝ごはんを作ってくれたら、ありがとう。
  一口食べて、おいしいよ、
  感謝の言葉を相手に伝える、
  これが大切です。

  それから、口が滑って相手を怒らせるようなことを言ってしまったら
  そのまま放っておくのではなく、
  すぐにごめんなさいと謝ります。
  そして相手をすぐに赦します。
  すぐに仲直りすることを実行しましょう。

5.十字架

  十字架の縦の線は神様が私たちを愛しておられることを表しています。
  そして横の線は、人間同士がお互いに愛し合うことの大切さを教えています。

  十字架はプラス思考を教えています。

  十字架を見るたびにプラス思考で、前向きに、
  お互いに愛し合って、喜びあふれる、
  幸せな家庭を築いて下さい。