思い出の写真


カテゴリ


[PR]



2006年06月29日(Thu)
思い出の写真




沖縄を初めて訪れた時にまず目に飛び込んできたのが
真っ白な町並みだった。

珍しいので思わず写真に撮った。

民家のほとんどがコンクリートで出来ている。
いったいどういうわけなのだろう。

よく聞いてみると、沖縄は台風の進路にあるので
しょっちゅう台風の直撃にあう。

これではたまらないので、台風対策として頑丈な
鉄筋コンクリートで出来上がっているのだ。

建築費もバカにならない。
それである人はこう言っていた。

「うちは借金コンクリートですよ。」

沖縄の家には他に二つの特徴がある。

屋上に大きな水タンクがあることと、
窓の外側が金属製の格子で覆われていることである。

それぞれの家の屋上に水タンクを備えているのは、
夏の水不足に備えてのことであり、
また窓の外側に金属製の格子がはめられているのは、
盗難防止の意味もあるのだろうが、
それよりも台風でいろいろなものが飛ばされて来ても
窓ガラスが割れないようにとの台風対策のようだ。




ところで、「『PHOTO IS』10,000人の写真展」という催し物が、
6月30日から、全国7都市で開催されることになっている。

テーマは「あなたにとって写真とは?」

一万人の作品を集めた日本最大級の参加型写真展だそうだ。

これほど多くの人たちの作品を集めた写真展は珍しい。

最近デジカメの普及で写真を撮ることがとっても身近になっている。

他の人たちはどんな風にして写真を撮ることを楽しんでいるのだろうか。

そういったことを考えながら訪れてみると面白い。

会場では写真家・著名人の方々の作品もあわせて展示し、
写真の魅力をより実感することができるイベントとなっている。



さらに、中村征夫さんの「フォトライブ」と「写真教室」が
恵比寿ガーデンプレイスで開催されているので、
写真を上手に撮りたい方にはお勧め。


PHOTO IS


中村征夫フォトライブ(7月2日)


写真教室「恵比寿ぶらり撮り歩き」「親子写真教室」(7月1〜2日)