糖尿病


カテゴリ


[PR]



2006年06月18日(Sun)
糖尿病

糖尿病

食べすぎがインシュリンの作用を悪くする。

糖尿病とは、
すい臓から分泌されるインシュリンの働きが不足するため
代謝の異状によって起る病気です。

糖尿病の原因の主なものは食べすぎです。

食べ過ぎると血液中のブドウ糖を大量に処理するために、
インシュリンが多量に分泌されます。

そして、やがてはその働きが悪くなってしまいます。

その結果、視力低下、腎臓病、壊疽(えそ)を引き起こすこともあります。



クリックをお願いしま〜す♪ 

 ↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ