伊能忠敬


カテゴリ


[PR]



2007年06月01日(Fri)
伊能忠敬

日本全国を測量して歩き、
初めて正確な地図を作ったのは
幕末の伊能忠敬です。

伊能忠敬は、現在の千葉県に生まれ、
十歳で伊能家の養子になりました。

伊能家は元来富豪の家でしたが、
次第に家運が傾き、
忠敬が家を継いだときには
どん底の状態でした。

それで忠孝は身を粉にして働いたので、
50歳になったとき、
再び富豪の家となりました。

伊能家再興が成ったとき、
忠敬は幼い時からの夢であった
天文学や測量学の研鑽を
やってみたいと思うようになりました。

しかし、すでに50歳・・・

でも今やらなければ、生涯悔いを残すことになるだろう。

意を決して江戸に出て、測量学の勉学に励みました。

一通りの学問を修めた後、北海道に出向き、
測量を終えたのが56歳のときでした。

それから本州、四国と巡り歩き、
17年間費やして、日本全国の測量を完成しました。

忠敬の測量技術は、
現代のそれと比較しても遜色なく、
その正確さは見事なものです。

50歳になっても決して遅くはない。

彼はそれを身をもって示したのでした。