利己主義がもたらすもの


カテゴリ


[PR]



2006年11月20日(Mon)
利己主義がもたらすもの

今の時代を見ると、世界中に飢餓が被っています。

経済の飢餓、平和の飢餓、希望の飢餓、愛の飢餓、
人情の飢餓に干からびています。

雇用の不安定が、ますます心の不安を掻き立てます。
挫折し、憎しみあい、イライラしています。

みんな急ぎ、神経質になり、失敗を重ねます。

自由に生きているようで、
実は自由ではないことに気がつきます。

社会は自分勝手に生きることができるようには
なっていないのです。

お金があると生活が乱れます。
女を買い、酒を飲み、ギャンブルに走り、
楽しみのすべてにお金を使い果たします。

今日はこの酒場、明日はあの料亭、
今日はこの女、あすはあの女、
今日はビール、あすはウイスキー、

肉の欲、目の欲、この世の誇りに生きようとするので
衝突が多くなります。

地球上では戦争の火がやむことがありません。

スターリンは自分の利己主義のために
自国の同胞を3千万人殺しました。

毛沢東は6千万人、
ヒットラーはユダヤ人を600万人殺しました。

利己主義によって人生に凶作になった人は
人生の意味と目標を失います。

心からの喜びも平安も失います。

そして、利己主義は人間を卑屈なものにします。

参考文献:「希望と共に」
著  者:チョー・ヨンギ牧師
発  行:純福音出版