バラバス


カテゴリ


[PR]



2006年11月21日(Tue)
バラバス

紀元30年ごろ、イスラエルはローマ帝国の支配下にあった。

一人の男が牢獄に入れられていた。
その名は「バラバス」。

彼については詳しい記録はないが、
聖書に盗賊と書かれている。

彼は死刑になることが決まっていた。
当時の死刑はローマ法に基づいて
十字架に掛けられるという残虐な方法であった。

手足を太い釘で打ちつけ、
死ぬまでそのまま野ざらしにされるのである。

死刑執行の前日、彼はおびえていた。
看守が通るたびに、自分がそこから引き出されるのを
恐れていたからである。

看守の足音が聞こえてきた。
その足音は次第に彼の独房に近づいてきている。

彼の独房の前で、足音がぴたっと止まった。

「いよいよ最後の時が来たんだ・・・。」
バラバスの脳裏が恐れで一杯になった。

「バラバス出ろ!」

「いやだ!!」

「バラバスでろ!」
「お前は自由の身になったんだ。」
「とっととどこでも好きなところへ行ってしまえ。」

「・・・・・・」

バラバスには一瞬何が起こっているのかわからなかった。

ここから連れ出そうとしてるんだろう。
だまされるものか。

しかし、看守は、牢の入り口のドアを開けたまま、
襲ってくる気配さえも感じられない。

「大工のイエスという男がお前の身代わりに、
十字架に掛けられることになったんだ。」

「だからお前は死ななくて済んだんだよ。」
「お前は運の強い奴だな。」
「せいぜいイエスという男に礼を言っておくんだな。」

バラバスは恐る恐る牢を出た。
誰も彼を引きとめようとはしない。

周りは群集で一杯だった。

牢から出たバラバスは外で思いっきり新鮮な空気を吸った。

「あー確かに俺は自由になったんだ・・・・」

一人の男が足を引きずりながら、
自分が掛けられる十字架を背負ってバラバスの目の前を
過ぎ去ろうとした。

その十字架を背負っていた男が
一瞬バラバスの方を振り向いた。

そして、バラバスの視線と合った。

私の身代わりにこの男が死ぬ・・・。