ワニのノシイカ


カテゴリ


[PR]



2007年01月07日(Sun)
ワニのノシイカ

ワニは密林の川の中に生息し、
その目は鋭く、獲物を根って、
にらみをきかせている。

そして、水中をスーッと静かに泳ぎ、
獲物に近づくと、がぶっと噛み付く。

噛み付かれたら最後、
もう逃げることができない。

ある日、体長が5メートル以上もある大きなワニが
水面から目だけを出し、獲物を狙っていた。

川べりに水牛の群がたむろしている。

いるいる、きょうのご馳走・・・。

ワニはそーっと一頭の水牛に近づいて行った。

大きな口を開けて、
まさに噛み付こうとしたその瞬間、
水牛の群が一斉に川を渡ろうと、
ワニに向って突進してきた。

ワニは数百頭の水牛の群に踏みつけられ始めた。

イテテ!
ワニをノシイカにするつもりか!

ワニは命かながら、その場を急いで去って行った。