えさの与えすぎ


カテゴリ


[PR]



2007年03月03日(Sat)
えさの与えすぎ

ある日曜日の朝、
一人のカウボーイが教会を訪れた。

教会に入ってみると、
牧師が居るだけで、
他には誰も居ませんでした。

牧師はカウボーイに尋ねた。
「私の説教を聞きたいかね?」

カウボーイが答えた。
「私はそれほど頭が良くないけど、
 家畜に餌をやりに行って、
 たった一頭しか姿を現さなかったとしても、
 餌をやりますよ。」

「なるほど、なるほど」

牧師はにこにこしながら説教を始めた。

一時間が過ぎ、二時間が過ぎ、
三時間が過ぎ、やっと説教が終わった。

牧師はカウボーイに聞いた。
「説教はどうだったかね?」

カウボーイはゆっくりと答えた。

「私はそんなに頭が良くないけど、
 家畜に餌をやりに行って、
 たとえ一頭しか姿を現さなくても、
 ちゃんと餌をやりますよ。」

「でも、一頭の牛に、
 千頭分のエサをドカッと与えることはしませんよ。」

「・・・・・」



伝統的な教会では、
説教の長さは50分くらいです。

しかし、最近では20分程度に
短くまとめるのが普通になってきています。

沢山しゃべりたいのだろうけど、
聞く相手の立場も考えてほどほどにね。