お金持ちになる

充実した人生を歩むためのヒント
カテゴリ


[PR]



2007年06月06日(Wed)▲ページの先頭へ
富の価値

ギリシャの大富豪、アルチビデスが
自分が広大な土地を持っていることを
大哲学者ソクラテスに向かって、
自慢げに話しました。

ソクラテスは国中にその名を知られた、
人物であるのにもかかわらず、
生活が貧しかったので、見下したのです。

するとソクラテスは、
一枚の世界地図を取り出して尋ねました。

「あなたの所有地とは
 いったいこの地図のどのあたりですか?」

アルチビデスは、あわてて答えました。

「私の土地がどんなに広くても、
 世界地図に出てるはずがありませんよ。」

ソクラテスは、アルチビデスの顔を
気の毒そうに見ながらこう言いました。

「そうですか。
 この地図には載っていませんか。
 地球の一部にも当たらない土地を
 持っているからといって、
 自慢するほどのことはないでしょう。」

富とは持っているだけではなく、
人のために役立ててこそ価値があることを、
ソクラテスは大富豪に諭したのでした。

2006年06月02日(Fri)▲ページの先頭へ
嘆く前に全力を尽くせ

日本は物が豊かにあふれている。
戦争をしているわけではない。
平和な国だ。


しかし新聞によると、
日本では毎年3万人の自殺者が出ているそうだ。


仕事もせずぶらぶらとして文句ばかり言ってる若者達も多い。


自分は不幸だと、うじうじ嘆く前に、
日本の外に目を向けてみるが良い。


メキシコでは小学校を卒業すると、
すぐに働きに出るのが珍しくない。


小さな子供達が、大人用の中古の自転車にまたがって、
舗装されていない道を土ほこりが舞い上がる中を、
一時間もかけて工事現場に向かい、
朝から晩までわずかな時給で、
真夏の太陽の下で働き続けている。


メキシコでは、掘っ立て小屋のような粗末な家に住み、
食事だって一日一回食べることができれば
それでも恵まれている方だ。


日本に住んでいるあなたは少なくとも、
中学以上の学歴はあるだろう。


高校、あるいは大学の学歴を持っている人も多いはず。


精一杯、自分の手で自分の人生を開拓するんだとの
強い意思を持って思いっきりぶつかってみろ!!


やる気になれば何でもできる!!


 おすすめの作品
 
   ↓↓↓

「イノセント・ボイス」 12歳の戦場

2006年04月21日(Fri)▲ページの先頭へ
明日に向って

友だちが言っていた。
「今月から、給料が10%カットだよ。」
「仕事ばっかり増やされて、やる気が出ない・・・あーあ」


そんなに嫌なら、自分の人生を変える方法を探せばいいのに
多くの人たちは、変えたいと思っていながら、行動しようとしない。


1.時間が無い。
2.生活できる収入はあるのだから、まー我慢するか・・・
3.いまさら人生を変えるなんて自分にはそんな能力ないよ。


できない理由をいくら並べても、生活は楽にならない。


「なべのカエル」というお話がある。


熱湯をたっぷり入れたなべに、カエルを放り込むと
びっくりして飛び出してしまう。


ところが、ぬるま湯のなべにカエルを入れるとどうだろう。
気持ちが良いので、そのままじっとしている。
お湯の温度を少しずつ上げてやる。
カエルはそれでもじっと我慢してそこから出ようとしない。
そして最後に熱湯の中で死んでしまう。


「ぬるま湯のカエル」
そんな生き方をしている人がたくさんいる。


気がついたときには、すでに遅く、
年も取ってしまって、後悔したまま人生を終えてしまう。


人生を変えるチャンスは、前触れも無くそっとやって来る。
それをしっかり掴まないと、またすぐにどこかへ行ってしまう。
 

人生を変えるチャンスなんて、あるところにはあるものだ。
それをしっかり見極め、自分のものにする。


行動しない人は、昨日と何も変わらない
退屈な毎日の繰り返しで、人生を終えるだけのこと。


人生を大きく変えることに成功した人と、
しなかった人の違いは、ただそれだけのこと。


KFCの創業者カーネル・サンダースさんが
ビジネスを始めたのはなんと65歳になってからのこと。


人生を変えるのに、年齢の制限なんて無い。
要するに本人次第なのだ。


    参考資料

     ↓↓

1.「新しいライフスタイル」


2.「人生に奇跡を起こす」 
   著者:ジョセフ・マーフィー


3.「ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる」
   著者:マーシャ・シネター

2006年04月16日(Sun)▲ページの先頭へ
職業選択の基準

四月に入って、それぞれの職場では新入社員を迎え、
新鮮な雰囲気で満ち溢れている。

しかし、希望に満ち溢れて入ってきた新入社員は、
慣れるに従って、このままこの仕事を続けていて良いのだろうかと
疑問を持ち始めるようになる。

そして早い人で数ヶ月または一年以内にその職場から去って、
転職してゆく。

年功序列がまだ健在だった時代には、まだ転職率は低かったが、
従業員を大切にせず、会社の都合で容赦なく切り捨て
リストラをする今日、会社に対する帰属意識はますます薄れ、
ちょっとしたきっかけで、どんどん離職して行っている。

多くの人々は、勤続年数が長くなるに従って、
仕事に不満を持ちながらも、新しく飛び出す勇気を出せずに、
なんとか生活できるからいいや・・・とくすぶり続け、
妥協の人生をだらだら過ごしてしてしまう。

職業を選ぶにあたっての基準がはっきりしていないと、
それだけで幸せな人生を歩むことができない。

朝9時から夕方5時まで、時間を切り売りして
生活費をもらうためにするのが仕事と考えてはいないだろうか。

これでは豊かな生活なんかやってこない。
生活費に少しプラスアルファーがつく位のお金しか入ってこない。

本当に豊かな生活をしたいなら、
大企業に就職することを第一に考えるのではなく、
一体自分はどんな仕事だったらわくわくしながら、
毎日を過ごすことができるだろうかを考えて
仕事を選ぶべきである。

これこそ、職業を選ぶにあたって第一にすべきことなのだ。

好きなことをするということは、のんびり何もしないで
楽をするということではない。

自分自身の才能、情熱、時間を費やし、
全力を込めて打ち込める仕事を選ぶ。

これが一番大事なことだ。

これを第一にさえすれば、お金はあとから無限に流れ込んでくる。


 参考図書

 ↓ ↓ ↓

「ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる」

 著者 :マーシャ・シネター
 出版社:ボイス出版

2006年04月11日(Tue)▲ページの先頭へ
豊かになる秘訣は、まず与える

事業で成功している実業家たちは、
いったいどのような考え方をしているのだろうか。

お金儲けのことばかり考えているのだろうか。

ある人が語ってくれた。
「自分の成功と繁栄の秘訣は、偉大な真実を学んで、
それを毎日実践しているからだよ。」

その秘訣とは、あなたから出るものは結局自分に帰ってきます。
だから、すべての人に向って、全世界に向って、
愛と平和と善意と祝福を送りなさい。

そうすれば限りない祝福があなたに戻ってきますよ。


   参考図書

   ↓ ↓ ↓

 「人生に奇跡を起こす」
 著者:ジョセフ・マーフィー

2006年03月31日(Fri)▲ページの先頭へ
人生に奇跡を起こす

自分自身に自信がもてない。
周りの人と比較して、劣等感に陥ってしまう。
そこから抜け出せなくて、イライラしている。
どうしたらよいのだろう・・・。

大丈夫、自分自身を見るのではなく、
自分の心の中に存在する、潜在意識にすべてを委ねる。

潜在意識は万能の存在で、不可能なことは無い。

心を落ち着けて、自分自身がなりたいと思っている
成功の姿をありありとビジュアルに思い描く。

大きな家を持ちたければ、部屋の大きさ、間取り、
テーブルや椅子の配置、壁の色など、
できる限り具体的に思い描く。

大きな紙に絵を描いて、または写真を貼り付けて毎日見る。
そこに住んで楽しく生活している自分の姿を思い描く。

これを目に付くところに貼っておき、毎日見る。

そうすれば、潜在意識が世界に向って働きかけ、
あなたがこれを得ることができるようにしてくれる。

すぐに実現することもあるし、一年後かもしれない。
時はそのあなたの目標に向って動きつつあることは間違いない。

楽しみにして待とう。


 参考図書

 ↓ ↓ ↓
「人生に奇跡を起こす」
著者:ジョセフ・マーフィー
出版社:産業大学出版部

2006年03月20日(Mon)▲ページの先頭へ
億万長者への道

「普通の人がこうして億万長者になった!!」

 著 者: 本田 健

 出版社:講談社


 ★ 億万長者達が大切にしている10の習慣 ★

 1.「好き」「得意」という理由でビジネスを選ぶ。
 2.誠実であることを何よりも大切にしている。
 3.「運がいい」「ついている」と思っている。
 4.どんな危機も乗り越える自信を持っている。
 5.30人以上の人に応援されていると感じている。
 6.人生の師と呼べる人がいる。
 7.パートナー(配偶者)が自分の最大の理解者。
 8.子供には勉強よりも、様々な体験をさせることが大切。
 9.10年後のことを考えながら、毎日を過ごしている。
10.どんなことにも、最後は自分で決断できる。


詳細はここ

↓ ↓ ↓

「普通の人がこうして億万長者になった!」

2006年03月18日(Sat)▲ページの先頭へ
マーフィーの法則

「眠りながら巨富を得る」

著 者:ジョセフ・マーフィー

出版社:三笠書房

この本に出会ったのは5年前、
2001年の暑さが厳しい8月、
神戸の小さな本屋さんだった。

「マーフィーの法則」というものを聞いたことはあったが、
実際にその本を手にしたのは初めてのことだった。

多くの成功法則のハウツーものは、綿密な計画を立て
それを実行することを教えている。

しかし、マーフィーが教えることは全く違う。
まず最初にすべきことは、
目的にいたる綿密な計画を立てることではない。

最初にすることは、目的を達成したその姿を
ビジュアルにありありと心に思い描く。
これを自分の潜在意識に落とし込む。

潜在意識は万能であり、不可能なものは無い。
何でもできる。

あとは、潜在意識が働いて、あなたの目的が達するように
すべての環境を整えて、目的に向って歩ませてくれる。


詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓

「眠りながら巨富を得る」



これも面白いね!

↓ ↓ ↓

1.「未来を変える - 私のライフワーク」

2.「さるさる日記 - 日記レンタル」

2006年03月17日(Fri)▲ページの先頭へ
出来る人の習慣

「出来る人の習慣」

著 者:ジム・ドノヴァン

出版社:Discover

ISBN 4-88759-197-7

成功者になるためには、学歴だけでは十分ではない。
学歴は全体の中でほんの一部の役割しか果たさない。

高卒の学歴しか持たない筆者が、アメリカの大企業のCEOに教え、
世界各国の言葉に翻訳されて、ベストセラーとなっているその秘訣を、
4つに分けてわかりやすく実践的に教えている。


1.自分自身を受け入れる習慣。
2.目標を決め、実行する習慣。
3.人との関わりを築く習慣。
4.より大きな成功を目差す習慣。


詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓

「出来る人の習慣」

どんなことにもくよくよするな

「どんなことにもくよくよするな!」

著 者:ササキ・アイザック・ミツオ

出版社:サイト出版


人生にはいろいろな問題がありますね。

借金、離婚、倒産、訴訟、事故、ノイローゼ、違反、
リストラ、失業、病気、老後、自殺、落第・・・

人生の壁にぶち当たった時、どのように対処するか、
問題解決への22の突破口を紹介しています。

わたしも、この本のおかげでずいぶん助けられました。


詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓

「どんなことにもくよくよするな!」

2006年03月16日(Thu)▲ページの先頭へ
ユダヤ5000年の知恵

「ユダヤ5000年の知恵」

著 者:ラビ・M・トケイヤー
出版社:実業之日本社

ユダヤ人の人口は全世界に、約1200万人しかいない。
日本の人口の十分の一にしか過ぎない。

この少数民族が世界で大活躍している。

ノーベル賞を受賞した科学者は、
アインシュタインを初め、圧倒的にユダヤ人が多いし、
1970年代にアメリカの政治外交の主役を務めた
キッシンジャーもユダヤ人だった。

ユダヤ人の歴史は長く、5000年といわれている。
長い歴史を通じて培われたユダヤ民族の知恵を
とてもわかりやすく紹介している。


詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓

「ユダヤ5000年の知恵」

2006年03月13日(Mon)▲ページの先頭へ
幸せな宝地図

「幸せな宝地図であなたの夢が叶う」

   著 者:望月 敏孝

   出版社:ゴマブックス

この本に出会ったのは、ちょうど一年前です。

自分の夢を宝地図にして具体的に表わす。
そうすると、それが現実のものになる。

実際に作ってみて、この一年を振り返ってみると、
確かに自分の夢が叶っていました。

宝地図の作り方を説明してあります。
ページ数が薄い本なので、気軽に読めます。

この本の詳細はこちら

↓ ↓ ↓

「幸せな宝地図であなたの夢が叶う」

仕事前のできごと

またやって来た月曜日の朝、通勤電車に詰め込まれて出勤。

せっかく暖かくなってきたと思っていたのに、
きょうは寒くなりそうだ。

冬に逆戻りの感じがする。

仕事を始める前にインターネットを検索していて、
こんなサイトが目に入った。

給料は上がらないし、なんとかしなくっちゃ・・・

 ↓ ↓ ↓

「これで私の未来が変わるかも?」

2006年03月11日(Sat)▲ページの先頭へ
ユダヤ人大富豪の教え

  「ユダヤ人大富豪の教え」

― 幸せな金持ちになる17の秘訣 ―

    著者:本田 健


まだ20歳の学生だった本田 健氏が
一人のユダヤ人の大富豪の老人にフロリダで出会い、
お金持ちになるその秘訣を教えてもらったものを
わかりやすく解説したものです。

私が読んだのは、2003年度版ですが、
最近文庫版になり、サイズが小さくなりましたね。

かばんに入れて、持ち運びにも便利になったので、
通勤電車の中でも読めますね。

  ↓  ↓  ↓

「ユダヤ人大富豪の教え」

2006年03月10日(Fri)▲ページの先頭へ
夢を叶える不思議なメール

夢メルは、自分に対して語りかける肯定的な宣言を、
見る事、読む事を続けることによって、
自分自身の意識や心のあり方を
自分の望む方向にすすんでいくように手助けするツールです。

あなたの夢や目標を登録すると毎日、メールでお知らせします。
夢メルには、毎日「こころに残る言葉や格言」などがついてきます。

登録、ご利用は無料です!

 ↓ ↓ ↓

「夢を叶える不思議なメール」