映画

充実した人生を歩むためのヒント
カテゴリ


[PR]



2006年05月30日(Tue)▲ページの先頭へ
仮想の世界

アメリカ最大の映画スタジオに、
観光客の一団が訪れたときのことであった。


ガイドさんが、突然大声で話し始めた。


みなさん、ここにあるものは、
現実にある世界ではありませんよ!!


みんな作り物です。


それを知っていながら、
人々は映画のスクリーンに釘付けになって
大歓声を上げる。


13年前に「ジュラシックパーク」
という映画があった。


映画に登場する怪獣は、
すべてコンピューターグラフィックという
技術で作られた仮想の世界。


身近なところで言えば、
テレビドラマも作り物に過ぎない。


実際に存在しないものに
クギ付けになって、わくわくしたり、
そわそわしたり・・・。


宇宙から来た生物にしてみれば、
地球人の行動はさぞこっけいに見えるだろうな。


-------------------------------------

昼間は普通のサラリーマン


帰宅後の空いた時間で副業して、
毎月おこづかいを稼いでいます。


お仕事は ↓

「空いた時間でかしこく副業」

2006年04月05日(Wed)▲ページの先頭へ
ナルニア国物語

ディズニーの映画として一躍注目を集めている「ナルニア国物語」は
ファンタージー映画として楽しめるが、物語は聖書が下地になっている。

善と悪との戦い、ライオンはユダを象徴しているが、
イエスキリストの象徴でもある。

原作者のC.S.ルイスはクリスチャンの家庭で育ったが、
大学生の頃、友人の強い影響を受けて無神論者になった。

宗教はすべて人間の作り物にしかすぎないと軽視した。

しかし、その後の長い葛藤を経て、
聖書への強い信仰を持つようになり、
やがてキリスト教信仰に関する書物を
次々に世に送り出すこととなった。

ナルニア国物語」はC.S.ルイスの代表的作品として
世界でよく知られているもの一つである。

詳しくはこちら

 ↓ ↓ ↓

「ナルニア国物語」

2006年03月21日(Tue)▲ページの先頭へ
卒業

「卒業」

1967年のアメリカ映画。

主演はダステイン・ホフマン。

カリフォルニア大学バークレー校を卒業した
優秀な青年が、恋人のお母さんに誘惑されてしまう。

いけないとは知っていながら、
その関係を断ち切れないもどかしさ。

ついに恋人は他の男性と婚約してしまうが、
おたがいにあきらめきれない。

結婚式の当日、意を決して青年は結婚式場に駆け込み
恋人と手を取り合ってその場から逃げるように走り去ってゆく。
その最後の場面は爽快!! ああ良かった!!

この映画を通して、サイモンとガーファンクルはたちまち
ミュージシャンとして有名になった。

映画の中で流れた「卒業」、「スカボロフェア」、
「サウンド・オブ・サイレンス」、「ミセスロビンソン」などの曲が
アメリカだけでなく日本でも大ヒットとした。


詳細はこちら

↓ ↓ ↓

「卒業・ダスティンホフマン主演」

2006年03月20日(Mon)▲ページの先頭へ
雨に歌えば

「雨に歌えば」


明日は休日、のんびりと映画でも観て過ごそうか・・・。


この映画は、1920年頃のアメリカの作品。


ストーリーは、アメリカ映画界が無声映画から
トーキー(有声)映画の時代に移り変わる転換期の物語。


無声映画の時代にはトップスターだった女優だが、
せりふをしゃべらせると下手でどうしょうもない。


無声映画の時代には、別に声優が居たので、
そのおかげで映画は売れに売れまくったが
さーどうしよう・・・。


この映画をはじめて見たのは、
カリフォルニア大学バークレーキャンパス近くの
小さな映画館だった。


詳細はこちら

↓ ↓ ↓

「雨に歌えば」