学期末試験は免除


カテゴリ


[PR]



2007年02月17日(Sat)
学期末試験は免除

日本の大学では、学生たちは、
今の時期は卒業論文と卒業試験を迎えて、
頭を悩ましているのではないだろうか。

もしこれが無かったらどんなに楽なことか・・・

アメリカのある大学の例を紹介しましょう。

その大学では、4年間のこれまでの平均の成績がB以上なら
本人が希望するなら、最後の学期の期末試験は免除される。

Bとは100点満点中の80点以上である。

卒業論文にしても100ページ以上などという
形ばかりの無意味なことは要求しない。

内容さえしっかりしていれば、
A4で20〜30ページでもOKである。

まず4年生の最後の学期になったら、
シニアー・セミナー(4年生のセミナー)に登録する。

これは自分の専攻の研究課題をまとめるプロジェクトである。
それぞれの学生は、自分の専攻する内容で
研究内容をまとめ、セミナーの中で発表する。

発表し終わればそれでOK。
したがって、早めに仕上げて、発表してしまえば
学期の残りはほかの事をしていてもかまわない。

最後の学期は大学院へ進学するために
面接に出かけるので、
それを配慮しているためのようだ。

シニアー・セミナーは4年生が対象だが、
担当教授に直接掛け合ってOKをもらえば、
1年生でも参加できる。

熱意があれば、それが受け入れられる。

この大学では卒業生の半分は大学院に進学する。

日本の場合、卒業しても就職できないから
仕方が無いから大学院でも行くか・・・
といった後ろ向きの理由で大学院へ行く学生が多いようだが、
この大学の学生たちの場合は、そうではなく、
専門を極めるためにさらに大学院へ行くのである。